HOMEミント歯科のご紹介スタッフ紹介アクセスマップリンク

歯科に関するQ&A

CONTENTS
Mobile Site QRコードを読取って下さい。
TOP»  歯科に関するQ&A

前歯の詰め物の色が茶色になってきました。治療は必要でしょうか?

前歯の白い詰め物はコンポジットレジンというプラスチックに似たレジン系の素材がほとんどです。この材料は吸水性ですので、水に溶ける色素(お茶、ワイン、コーヒー、タバコなど)を取り込みやすく、個人差はありますが、治療後徐々に変色します。初期の小さな変色は研磨をするだけできれいになります。しかし、大きい変色の場合は、再治療をする必要があるでしょう。

数年前に神経をとった前歯の色が茶色くなってきて他の歯と比べて気になります。いい治療法はありませんか?

神経をとった歯は、時間がたつとほとんどの場合変色します。解決方法には、歯の状態(変色の程度、歯質の量など)により、ホワイトニング、セラミッククラウンなどによるかぶせ物があります。ホワイトニングは、歯質の削除量が少なくてすみますが、1本1本の色の調節が難しく、数年辰と色の後戻りがあるという欠点もあります。セラミッククラウン(冠)などのかぶせ物は、歯質の削除量は大きくなりますが、繊細な色合わせや形態の修正が可能となります。

 

最近、前歯が出てきたような感じがするのですが?(50代女性)

歯周病の進行や、虫歯などの原因で奥歯が喪失されているか、奥歯の噛み合わせがしっかりしていないことが考えられます。そもそも口の中は奥歯、前歯がそれぞれの役割を分担して安定した状態を保っています。そのバランスが崩れて本来奥歯が担うべき咬む力の負担が前歯にかかってきて前歯が動いた可能性も考えられます。

 

転んで前歯が抜けたときどうしたらいいんですか?

抜けた歯を乾燥させずに、口の中にくわえたままか、牛乳の中につけて、なるべく早く近くの歯科医院にお急ぎください。条件が良ければ、再植も可能となります。

歯ぎしりをしているといわれたのですが、治療法はあるのですか?

習慣的に歯ぎしりをしている人は、治療により歯ぎしりを治すことは困難でしょう。ただ、歯ぎしりによって歯が極度に磨耗してきたり、歯が揺さぶられてグラグラしてきたりする場合には、対症療法として睡眠時にナイトガードというマウスピースの一種を装着します。

かみ合わせが全身に及ぼす影響はありますか?

かみ合わせは成人期に確立されますが、その後、ストレスや歯周病、歯ぎしり、むし歯などの進行により、かみ合わせの異常が起こる人もいます。それに関連して、肩こり、頭痛、耳鳴り、腰痛などの身体症状が現れる場合もあります。

口内炎ができやすいのですが、どうしたらよいのでしょうか?

口内炎の原因は、1.口腔内の清掃が不十分、2.歯や詰め物のとがった部分による粘膜への刺激、3.体調不良や栄養障害、4.ウイルス感染、などが原因でできます。また、全身疾患との関連がある場合もありますので、一度歯医者さんに診察してもらいましょう。

 

子供の上唇の内側の筋状のものを切ったほうがよいといわれましたが・・・

唇や舌の下にある、すじ状のものを小帯とよびます。この小帯の位置に異常があると、唇や舌が動きにくくなるなどの障害がでます。このような症状はメスやレーザーで簡単に切除することができます。かかりつけの歯科医院にご相談ください。

親知らずは抜いたほうがよいのでしょうか?

親知らず(智歯)は必ず抜かなければいけないわけではありません。ただ、親知らずがあると次のような悪影響が起こる場合があります。1.歯肉に炎症を起こしやすい、2.隣の歯がむし歯、歯周炎になりやすい、3.歯列不正やかみ合わせの異常を引き起こす。このような場合は、早めに抜いたほうがよいでしょう。

 

歯を抜いた後、1週間位しても痛みがあり、抜いた後の治りが悪いようなのですが?

通常、抜歯後1週間もすると、持続性の痛みは消失していることがほとんどです。しかし、抜歯後の治癒過程に異常をきたし、ドライソケット(抜いた部分の骨が露出した状態)になると長期間頑固な痛みが残ることがあります。また、感染も疑われますので、すみやかに診察してもらいましょう。

 

以前、神経をとってクラウン(冠)をかぶせたのに痛くなってきました。まだ神経があるのですか?

神経をとった歯は、しみるなどの痛みを感じることがありません。神経をとった歯が痛むのは、1.歯根の先に炎症を起こした場合、2.歯周病により歯肉が炎症を起こした場合、3.歯根が折れて炎症を起こした場合、などが考えられます。これらの診断には、エックス線(レントゲン)写真診査を必要としますので、歯科医院での精査を必要とします。

 

歯の神経は極力とらないほうがよいと聞きました。本当ですか?

できれば、とらないほうがよいでしょう。しかし、1.むし歯が大きい場合、2.痛みがある場合、3.歯の位置の異常を是正する場合、4.他の治療の為に神経をとる必要がある場合、には神経をとらないといけません。主治医の先生とよく相談されたうえで、治療を進められたらいいでしょう。

 

前歯に白濁した部分があるのですが、むし歯でしょうか?治療したほうがよいのでしょうか?

1.歯の形成期(歯が出るとき)になんらかの影響で表面の石灰化が正常に行われず白濁したものか、2.ごく初期のむし歯の表層エナメル質の白濁化でしょう。いずれにしても表面が硬く、かけたり穴になっていなければ、適切なプラークコントロールで進行は防げます。見かけが気にならなければ治療の必要はありません。

 

歯並びが悪いと歯周病が進行しやすいって本当ですか?

歯並びが悪いとどうしても磨きにくい部分ができますので、結果的に歯周病になりやすい。あるいは進行しやすくなる原因の1つといえます。また、歯並びが悪いとかみ合わせに影響を与え、結果的に歯周病を悪化させることにもなります。さらに歯周病が進行すると歯が動きやすくなり、昔よりも歯並びが悪くなったといわれることもあります。このように歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、歯周病やむし歯になりやすく、また、歯周病の進行を早めるなどマイナスの要素が多いので、できれば他の治療と平行して歯並びの治療もしておきたいものです。

むし歯や歯周病は他人にうつりますか?

最近の研究では各人の細菌の種類と量は、生まれてからすぐに決まることがわかっています。そのような意味で母親のお口の状態は非常に大切であるといえます。心配されているように、大人になってからでは短期間の接触では、むし歯や歯周病が他人にうつる可能性はほとんどないといえます。

 

矯正治療はいつ頃から始めればよいですか?

矯正治療は、歯が生えてきた位置や方向が不正である場合に、何らかの器具や装置を使って不正を改善しようとする治療です。1本だけの問題か全体の問題かでも違いますし、今矯正治療を行うべきか、経過観察や機能訓練のみで様子をみるべきかは、ケースバイケースであることが多いので、まずはお口の中を診てもらって、開始時期や方法などを診断してもらうことが重要です。

指しゃぶりがひどいのですが大丈夫でしょうか?

赤ちゃんが生まれてくる前に、すでにお母さんのお腹の中で指しゃぶりしていることが知られています。普通、指しゃぶりは生まれてから数ヶ月で始まり、3歳で少なくなり、5歳でほとんどみられなくなります。それまでは、あまり気にしなくてもよいでしょう。しかし、それ以後になってもひどい指しゃぶりが残っているとあごの発育や歯並びに影響することがありますので、一度、歯科医院で相談されることをおすすめします。