HOMEミント歯科のご紹介スタッフ紹介アクセスマップリンク

小児歯科

CONTENTS
Mobile Site QRコードを読取って下さい。
TOP»  小児歯科

進行性のカリエス

進行性のカリエス
多数歯カリエス

虫歯の多いお子さまは、ブラッシング指導・進行止めの塗布・食事指導でお口の中の環境を変えてから治療にとりかかります。

外傷歯の治療

外傷歯の治療
外傷歯の治療

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

保隙

保隙

はえ変わりの観察

はえ変わりの観察

”歯のもと”はお母さんのおなかの中でできています。

赤ちゃんはお母さんのおなかに宿ったその時から、ものすごいスピードで成長を始めています。歯についていえば、赤ちゃんの「歯のもと」である歯胚(しはい)が作られ始めるのは、お母さんの体内にいる時、およそ妊娠6~7週頃といわれています。


胎生4ヶ月頃(組織・形態分化期) 妊娠4ヶ月頃から歯胚の外側を包むように、「エナメル質」という歯の一番外側になる部分と、その内側の部分「象牙質」が作られます。

 

胎生7ヶ月(石灰化期) その後、歯の根元となる歯根(しこん)その内側に神経となる歯髄(しずい)歯を支える歯槽骨(しそうこつ)といった歯の土台となる組織が作られます。

 

生後6~8ヶ月(萌出期) 個人差はありますが、生後6~7ヶ月頃から歯が生え始めます。

 

お母さんの食事が赤ちゃんの健康な歯を育でますお母さんの食事が赤ちゃんの健康な歯を育でます。
赤ちゃんの歯を作るために特に必要な栄養素として挙げられるのが、カルシウムやリンなどのミネラル分。
胎盤が完成し、胎児と母体が臍帯でつながるようになる4~5ヵ月ごろに胎児の歯の発育はどんどん進んでゆきます。この時期にお母さんの栄養状態が悪いと、赤ちゃんの歯が弱くなったりムシ歯ができやすくなると考えられます。特にカルシウムは歯の石灰化を助け、健康で丈夫な強い歯をつくります。

 

ムシ歯の原因菌 ミュータンス菌の母子感染

赤ちゃんヘムシ歯菌の感染を予防しよう

ミュータンス菌の増えかた
 

 

ミュータンス菌の母子感染を予防するには…

一緒に生活する上で、ミュータンス菌の感染を完全に防止することは難しいですが、まずは赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちが、おロの中を清潔に保ち、ミュータンス菌を減らすことからはじめましょう。

その中でも、お母さんのお口の健康がなによりも大切です。
最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子さまへのムシ歯予防をスタートさせることです。

お子さまへの感染の時期が遅いほど、お子さまのムシ歯予防につながります!

 

 

治療の様子