HOMEミント歯科のご紹介スタッフ紹介アクセスマップリンク

その他の歯科治療

CONTENTS
Mobile Site QRコードを読取って下さい。
TOP»  その他の歯科治療

義歯

従来の入れ歯と比べてください。金属を使わずナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯、それがノンクラスプデンチャーです。
金具のない入れ歯(部分入れ歯)ノンクラスプデンチャーは「目立たない」「丈夫」「噛める」「痛くない」など、入れ歯でいることを感じさせません。
また、ノンクラスプデンチャーは、耐久性・快適性・審美性・噛む力・生体親和性(金属アレルギー等)に優れた全く新しい入れ歯です。しかも無味・無臭で安定して食べ物を食べることができ、発音も自然になることができます。

従来のメタルクラスプのような金属バネを使った部分入れ歯は、残った自分の歯に金具をかけて固定しますが、この金具がお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。
ノンクラスプデンチャーはこのような金具を使っていません。
また歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。ノンクラスプデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。
しかも隙間が少ない為、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

 

ノンクラスプデンチャー

入れ歯に金属のバネが ある・ない の違いだけで口元の見た目は大きく変わります。
金属のバネがない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は快適で自然な美しさのある入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

-患者様からの声-
・人前でも口元を気にせずに笑えるようになりました。
・口の中がスッキリ。広~くなったようです。
・入れ歯をはめた時の気持ち悪さがなくとても快適です。
・つけ心地が良く、しっかり噛めるので食事が楽しくなりました。

ノンクラスプデンチャーの快適さと美しさを実感して下さい。

 

3Mix-mp法

3種類の薬を使って、虫歯の病巣を無菌化させ修復する治療法です。

メリット

  1. 1.歯を削る量が少なくてすむ。(麻酔をしていない場合は痛みが少ない)
  2. 2.歯の神経を残せる可能性が大きい。
  3. 3.歯の神経を取らなければ、治療期間が短くすみ、歯を長持ちさせられる。

 

顎関節症治療(噛み合わせの治療)

あごが開けにくい、痛みがある、カクカク鳴るなどの症状がある場合、これらを総称して顎関節症とよびます。
これはいったいどのようにして起こるのでしょうか?
これには、まず顎間接と呼ばれる上あごの下あごの間にある間接の仕組みについて知る必要があります。
上あごの歯列と下あごの歯列は左右の耳の穴の少し下前方の部分で間接を介してつながっています。
このあごの間接(顎間接)には関節円板といういわばクッションのような組織が存在し、上下のあごの骨が直接こすれないような仕組みになっています。
口を開けるという動作には、上あごのくぼみに沿って丸い形をした下あごの骨(間接頭)が、このクッションを間に挟んだ形でスムーズに動くことが必要です。
あごが痛く口が開けにくい、口を開けるときにカクッと音がするといった症状の原因には、この関節円板というクッションの障害をはじめ、様々な原因が複雑に関係している場合が考えられます。

その主な原因は下記のようになります。

  • ●顎やその周りの筋肉の問題
  • ●歯と歯の噛み合わの問題
  • ●歯ぎしりや食いしばり
  • ●あごの間接そのものの変形・病変
  • ●精神的なストレスや体全体の不調

上記にあげた原因のうちどれが主に影響しているか、また、それぞれの原因がどのような形でかかわりあっているかを見つけるには視診、触診、問診、顎間接の聴診やレントゲン写真検査などが必要です。
その診察結果をもとに、噛み合わせや関節円板の位置を調整する為の多種多様な方法から、患者様にベストな治療法をご提案し治療させていただきます。

 

ナイトガード(歯ぎしりの治療)

睡眠中に本人が気づかずにする歯ぎしり(プラキシズム)。ひどい場合は、歯や歯周組織の損傷ばかりか全身にも悪影響を及ぼすことがあります。ストレスやかみ合わせが原因の場合が多いことが報告されています。
歯ぎしりの治療方法には、以下のものがあります。

  1. 1.スプリント療法
  2. 2.咬合調整
  3. 3.自己暗示法
  4. 4.精神安定
  5. 5.ストレスの緩和

歯ぎしりは、よく知られていますがその他にぐっとかみしめるクレンチング(食いしばり)や、歯と歯を触れ合わせてがたがたさせるタッピングも含まれます。
さらに、歯ぎしりは、ほとんどが通常咀嚼時の咬む力(咬合力)の数倍から10数倍に相当すると報告されています。こうした力が持続的に加わると、歯が擦り減ったり、歯の破折や修復物の脱落の原因となると考えられています。さらに長時間持続すると歯周組織が破壊されたりするのはもちろん、肩こり、顎関節症など様々な症状を引き起こします。

治療を受ける際のワンポイントアドバイス
歯ぎしり、食いしばりの治療としては、1.スプリント療法、2.咬合治療、3.自己暗示法、4.催眠法、5.理学療法、などが挙げられます。ストレスなどの患者自身がもつ心理的状態や、悪習慣、そしてかみ合わせの不調和などといった原因をつきとめ、解決することが大切になってきます。その為、患者さん自身の心理的背景を歯科医師に伝えることができるような関係を築くことが、治療の効果を上げる為には重要な要素になります。

ナイトガード(歯ぎしりの治療)

 

移植

むし歯や歯周病などで歯を失ったところに、自分の歯を利用して、それを植え直す治療法を自家歯牙移植とよんでいます。悪い歯を抜歯した部位に健康な歯周組織をもつ別の歯を抜いて移植します。移植した歯のまわりに新しい骨ができてその歯とまわりの組織がなじんできます。移植後、徐々に適度な力を加えていくと、数ヶ月で自然にかむことができるようになります。

治療を受ける際のワンポイントアドバイス

移植歯の歯根形態がよいこと、移植歯を受け入れる側の条件がよいこと、移植を受け入れる側の歯の間の幅と移植歯の大きさが一致していることなどが必要です。

移植

Pearl Denture

pearl denture

パールデンチャーは、真っ白な人工の歯を使用した入れ歯です。入れ歯の方も真っ白な歯を手にすることが可能となりました。
パールデンチャーによって、今まで敬遠していた赤色の口紅等を塗り、髪形や服装が変わったり、口元の変化から行動が変わり、元気と若返りにつながることを願っています。


【RECOMMEND】

かづきれいこ様

かづきれいこ様
大阪生まれ。
フェイシャルセラピスト、歯学博士
REIKO KAZKI主宰
メイクを通じて女性の心理を追求。また、医療機関と連携し、傷痕ややけど痕などのカバーや、それにともなう精神のケアをおこなう”リハビリメイク”の第一人者




「あなたの若々しさと元気は白い歯から」
~パールデンチャーで楽しいメイクとお顔に自信を~
私の考えるメイクは、おしゃれや流行だけのメイクではないのです。「自分を元気にしたり、若々しくいられるため」のものだと思っています。
「顔と心と体」はとても深い繋がりがあります。
自分が朝、疲れて見えたら、その日一日の気分は最悪ですよね。悲しいことに、年齢を重ねるごとに自分が満足する見た目は減っていきます。そこで、「かづきメイク」で自信をもって欲しいのです。”顔”が元気でいられることは、心の健康のためにも大切なことなのです。
また、心と歯の関係も密接な繋がりがあり、自然に白く素敵な歯は、今も昔も若さの象徴だといわれています。白い歯だとメイクの幅も広がります。
入れ歯の先入観をはずし、パールデンチャーで素敵な笑顔を積極的につくることで、それがまた自信に繋がります。かづきれいこは、これからの入れ歯の女性を元気にするパールデンチャーを推薦します。

【RECOMMEND】

二川 浩樹 教授

二川 浩樹 教授
広島大学大学院医歯薬学総合研究科 教授
 口腔健康科学専攻長・歯学部口腔健康科学科長
日本補綴歯科学会 理事
日本歯科技工学会 理事
全国歯科技工士教育協議会 理事
日本口腔科学会 評議員
日本防菌防微学会 評議員
日本歯科理工学会 評議員
日本歯科CAD/CAM学会 評議員

「口元」からの若返りと患者さん心理
~歯科医療から患者さんのメンタルをサポート~
7年前、全国で唯一の専攻である口腔工学で教授に就任しましたが、以来、かづきれいこ先生には、本専攻の学生を対象にリハビリメイクの講義・実習を行っていただきます。
口腔工学では、①工学的なデジタルデンティストリー、②生物学的なバイオデンティストリーと③高度なスキルの3本柱を中心に教育・研究を構成しています。その中で、かづき先生の講義やリハビリメイクの実習では、現在の歯科医療にはない患者さんの心理面での社会復帰支援や若々しく元気になってもらうサポートをする必要性を学生たちに学んでもらうようにしています。特に「お口」は、食べ物を食べるだけではなく、会話し、表情を作ったりする上でとても重要な役割を果たしており、「お口」や「口元」から若返ることがとても大切なことだと考えています。今後も継続した共同研究の中で、「口元」から若返ることについてもエビデンスを出していければと思っています。

 

パールデンチャー パールデンチャー
Standard(従来の入れ歯)   Pearl Denture

コンフォートデンチャー

入れ歯だからと、あきらめていませんか?

入れ歯利用者のほとんどの人が「歯ごたえのあるものが食べられなくなってしまった」「入れ歯が気になってスポーツも昔のように自由にできない」と感じています。しかし、簡単にあきらめてしまって本当にいいのでしょうか? もし以前のようにギュッと噛みしめることができたら…。
「噛みしめること」それは、食べ物をおいしく食べたり、スポーツができたりするだけでなく、人が健康を保つための源でもあるのです。


噛みしめることができると、生活はこんなに変わります。


好きなものを美味しく食べられます!

入れ歯にした途端、食べることへの興味がなくなったという声をよく聞きます。それは入れ歯によって噛みしめることができなくなったからです。歯ごたえのあるものが食べられない、噛みしめると痛いなどの不満が解消されれば、もう一度食べる喜びを味わうことができるのです。


スポーツだって楽しめます!

普段はあまり気付きませんが、グッと踏ん張るときなど、人は無意識に歯を噛みしめてい ます。噛みしめることができれば、ゴルフやテニスなどのスポーツもより一層楽しむことができます。


痴呆予防にも効果が期待されています!

噛みしめる動作は、脳や筋肉に刺激を与えると同時に、正しい姿勢を保つなど日常の生活にも影響を及ぼします。
また、老人性痴呆症やアルツハイマーの予防法のひとつとしても、効果が期待されています。


入れ歯の皆さんにアクティブライフをお届けするサービス…それがコンフォートです。


コンフォートとは、すべての入れ歯利用者に
噛みしめられる入れ歯を提供するための新技術です。


コンフォートってどんな技術?


コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。この技術によって、クッション性や密閉性、耐久性を兼ね備えた「噛みしめられる入れ歯」の提供が実現したのです。


コンフォートってどんな技術?


生体用シリコーンは、入れ歯にとって理想的な素材

コンフォートに使われる生体用シリコーンは「血液や体液によって変性しない」「アレルギー反応や炎症などの異物反応がない」などの理由から生体用素材として医療分野で広く利用されてきた素材です。柔軟性と弾力性にも優れているので、入れ歯の裏装材としても最適な素材なのです。



コンフォーとだと、なぜ噛みしめられるの?


生体用シリコーンは口の中の粘膜と同じくらいのクッション性を持っています。さらに、噛んだときにかかる力を全体に分散させる構造になっています。そのため、噛んだときの痛みを防ぐことができるのです。また、粘性をもつ素材であるため、密閉性が高まり、入れ歯と口内粘膜の間に食べ物が挟まりにくくなり、安心して噛みしめることができます。


従来の入れ歯が持つさまざまな問題を解消!
コンフォートが、快適な入れ歯ライフをお約束します。


コンフォートってどんな技術?

1 噛みしめたときの痛みをやわらげます

口内に直接当たる部分をクッション性のある生体用シリコーンで覆うので、ぐっと噛みしめたときの入れ歯特有の痛みをやわらげます。


2 入れ歯とハグキの間に物が挟まりにくい

生体用シリコーンは適度な粘りがあるので、ハグキにピッタリとフィット。食べ物が挟まりにくく、落ちたり、外れたりしにくくなります。


3 いろいろなものを美味しく食べられる

ぐっと噛みしめられることで、イカのような噛み切りにくいもの、温野菜のような歯ですりつぶすものなど、どんなものでも食べる楽しみを満喫できます。


4 生体用の素材を使っているので安全

生体用シリコーンは外科手術などの医療分野で使われてる素材で、人体への影響がありません。また接着剤なども一切使用していません。


5 変色しにくく はがれにくい

これまでの実績では、4年以上の利用でも、生体用シリコーン部分の変色や剥がれは見られませんでした。長期間安心してご利用いただけるよう、コンフォートは生産物責任保険に加入しています。


5 入れ歯の手入れがとてもカンタン

従来の入れ歯と同じく、洗浄剤によるお手入れだけで、いつでも清潔にご利用いただけます。



コンフォートは生産物責任保険に加入しております

当社製品の万がーの欠陥により、患者様が怪我をする等の事故が原因で損害が発生した場合に備えて、コンフォートは生産物責任保険に加入しております。そのお怪我の治療費用や入通院費用等まで、弊社が賠償責任を負担すべき損害を補償いたします。事故がございましたら、まずかかりつけの医師にご相談くださいませ。
取り扱い:あいおい損害保険株式会社 代理店:有限会社プロシステム


コンフォートを利用されている方に使い心地をうかがいました。

多くの患者さんがコンフォート加工された入れ歯を利用しており、その使い心地にたいへん満足していただいております。


まったく痛みを感じません!

柔らかい素材でできているので、付けたときの感触がとてもソフトなんです。40歳から入れ歯を利用しているのですが、自分に合ったものになかなか巡り合えず今までに5つも作りました。こんなにフィットする入れ歯は初めてです。

(68歳・女性)


 

入れ歯だということを忘れてしまう!

漬物やおせんべいなどの硬いものが食べられなかったのはもちろん、イチゴの種やゴマが挟まったときの痛みはたいへんなものでした。いっそ「食べなければいい」って思ってしまうほど。今では食べられないものなんてありません。

(70歳・女性)


 

どんなものでもしっかり噛めます!

今までは“入れ歯は噛めないもの”と思い、諦めていました。でも自分にピッタリ合った入れ歯なら、しっかり噛めるんですね。こんな当たり前のことに今さらながら驚いています。今では肉でも魚でも何でも噛めます。しゃべるときも全然問題ありませんよ。

(68歳・男性)


 

自信を持って紹介できます!

入れ歯がガタつくのが気になり、人前に出るのも嫌でしたが、今では何も気にすることなくいろいろなところに出掛けるようになりました。見るだけで食べられなかったものも美味しく食べられるし、これなら入れ歯で悩む友達にも自信を持って紹介できますね。

(60歳・女性)


 

コンフォートQ&A

どんな入れ歯も加工できるの?

はい、総入れ歯でも、部分入れ歯でも、入れ歯であればどんな症例でも加工できます。しかし入れ歯のピンクの部分の材質によってはできないものがありますので、詳しくは担当の医師に相談してください。

費用はどのくらいかかるの?

コンフォートは、しっかり噛めるようになる代わりに、保険範囲外の処置になります。保険外の費用については担当の医師にご相談ください。

どこの歯科医院に行けばできるのですか?

コンフォートのポスターが貼られている歯科医院であれば、どこでも受けられます。さらに詳しくは、別紙の「コンフォート取り扱い歯科医院一覧」をご参照ください。

手入れは簡単ですか?

毎日、入れ歯洗浄剤できっちり洗うだけで十分です。コンフォートは、生体用シリコーンゴムを利用しているため、汚れが付きやすいという欠点があります。入れ歯洗浄剤で毎日1回約20分間の浸け置き洗浄をお勧めいたします。
(専用の洗浄剤(リニュー)については担当の医師にご相談ください)

ピッタリ合っている入れ歯でも必要ですか?

ピッタリ合えば合うほど必要だと考えます。粘膜(ハグキ)にそれだけ負担がかかってくるので、粘膜(ハグキ)の循環器障害や新陳代謝障害を引き起こすことになるからです。

どれぐらい長持ちするのですか?

使い方にもよりよすが、最低3年間の保証をしています。

本当に何でも噛めるの?

今まで入れ歯で噛めなかったものがしっかり噛めるようになったという声を多く聞きます。噛む力は、コンフォート加工することによって、加工前と比べて2倍程度向上するというデータもあります。そのため、コンフォート義歯を装着されている患者さんは“何でも噛める”といって喜んでいます。